メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外改憲勢力3分の2割り込む
チェック

ビキニ、湯川の転機 反核にじむ日記、京大公開

 日本人初のノーベル賞を受賞した物理学者の湯川秀樹(1907~81年)が、米国による太平洋・ビキニ環礁付近での水爆実験について記した1954年の日記を、京都大が11日に公開した。漁船「第五福竜丸」の被ばく、原子力を巡る新聞寄稿や全国講演の様子を記載。湯川はビキニ事件に衝撃を受け、その後、平和運動に生涯情熱を傾けた。専門家は「湯川の転機に当たり、重要な資料」としている。

 日記は学生用の日記帳に書かれ、遺族が保管。京大基礎物理学研究所・湯川記念館史料室が判読し、ビキニ事…

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1586文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです