メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横穴墓

南相馬で22基 古墳時代後期の有力者埋葬か あす現地説明会 /福島

 南相馬市原町区雫で、古墳時代後期の6世紀末~7世紀初めに作られたとみられる横穴墓計22基が発見された。出土品から周辺地域に広域的なネットワークを持った有力者が埋葬された可能性が浮かんでいる。同市教委などが12日に現地説明会を開催する。

 横穴墓群は2016年に工業団地造成工事中に発見され、市教委が大規模な調査を続けてきた。

 墓群は、丘陵地にある谷ごとに四つのグループで構成されている。当時の人々が掘りやすく、崩れにくい場所…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文406文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]