メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清須・日吉神社

150年ぶり神仏習合 薬師如来像帰還 あす祝いの供養 /愛知

 明治維新時の神仏分離令により神社境内から外部に出されていた仏像の薬師如来像が、150年ぶりに清須市清洲の日吉神社に戻った。12日に帰還を祝う供養が行われる。【長倉正知】

 明治維新前の寺院や神社では神仏習合が普通で、神社に仏をまつるなど神道も仏教も混然として信仰されていた。同神社にも江戸時代には境内に薬師堂があり、弘法大師作と伝えられる薬師如来像がまつられていた。1868(明治元)年に明治新政府が神仏分離令を出し、神社から仏教色を消すことが命じられ…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです