メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

破壊された生活、懸命に生きる 立命館大で二つ /京都

「私のレンズを通して見た、占領下のパレスチナ」展=京都市北区の立命館大国際平和ミュージアムで、南陽子撮影

 京都市北区の立命館大国際平和ミュージアムで、平穏な暮らしを破壊されながらも生きようとする人々の姿に迫る二つの写真展が開かれている。怒りや悲しみに満ちた人間の心を、一方は当事者の一人がそのままレンズですくいとり、一方は日本人ジャーナリストが静かに寄り添うように写した作品群だ。料金は大人400円、中高生300円、小学生200円。問い合わせは同ミュージアム(075・465・8151)。【南陽子】

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです