メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

破壊された生活、懸命に生きる 立命館大で二つ /京都

「私のレンズを通して見た、占領下のパレスチナ」展=京都市北区の立命館大国際平和ミュージアムで、南陽子撮影

 京都市北区の立命館大国際平和ミュージアムで、平穏な暮らしを破壊されながらも生きようとする人々の姿に迫る二つの写真展が開かれている。怒りや悲しみに満ちた人間の心を、一方は当事者の一人がそのままレンズですくいとり、一方は日本人ジャーナリストが静かに寄り添うように写した作品群だ。料金は大人400円、中高生300円、小学生200円。問い合わせは同ミュージアム(075・465・8151)。【南陽子】

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文941文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです