メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西宮市

採用試験、今年はスーツもOK 普段着「定義あいまい」…指摘受け /兵庫

 昨年の職員採用試験の1次面接でスーツ着用を認めなかった西宮市は、今年は「服装自由」とスーツも認める方針を発表した。「普段着で」と呼びかけた昨年の試験参加者は「リラックスできた」としているが、「普段着の定義があいまい」と指摘する意見が寄せられたためという。市人事課は「服装で判断するわけではないので」と話している。【近藤諭】

 市はコミュニケーション力を重視し、事務職(大卒程度)で2015年から受験者全員を対象に1次面接を実施。昨年、「その人らしさ」を出してもらおうと「普段着でお越しください」とスーツを着用しないよう呼びかけた。面接官もノーネクタイの普段着で臨み、リラックスした雰囲気を演出した。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです