メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

YS11

3年ぶり離陸 戦後唯一の国産旅客機 高松空港民営化余波 きょう石川へ /香川

2015年5月、東京上空を飛行し、高松空港に向かうYS11。左は東京スカイツリー=本社ヘリから森田剛史撮影

 高松空港に2015年から駐機されている、戦後唯一の国産旅客機「YS11」が11日、同空港を3年ぶりに離陸し、能登空港(石川県輪島市)へ移る。高松空港ではイベントで地上走行を披露するなどファンに親しまれてきたが、今年4月の民営化に伴って駐機場の拡充も計画されており、従来通りに駐機し続けることが難しくなっていた。【植松晃一】

 YS11を所有する航空機整備会社「エアロラボインターナショナル」(大阪府八尾市)によると、機体は国…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです