メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

俳人・横山白虹 小倉城白洲灯台横(小倉北区城内) メスを捨て、文化けん引 /福岡

 現代俳句協会会長を務める一方、医師、市議会議長など多彩な分野で足跡を残した俳人、横山白虹の句碑は市内に7基ある。そのうち小倉城内にある碑は、初代会長を務めた北九州文化連盟と、主宰した「自鳴鐘」が十三回忌に合わせて建立した。英彦山に登った時の句で、夏霧を思わせる情景が、丸い黒みかげ石に刻まれている。

 霧青し双手を人に差しのばす

 長州・毛利家に仕えた士族を出自とし、父は人物評論で知られた高名な文筆家。東京で生まれ、一高時代は「…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1406文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです