医療ミス

体内にガーゼ置き忘れ 摘出し患者快方へ 長崎大病院 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長崎大病院(長崎市)は10日、3月にがんの摘出手術をした県内の60代男性患者の体内に、ガーゼ(縦30センチ、横40センチ)を置き忘れる医療ミスがあったと発表した。男性が腹痛を訴えたため発覚。4月に緊急手術で取り出し、快方に向かっているという。

 同大病院によると、男性は3月上旬、肝臓とリンパ節の転移性がんの摘出手術を受けた。患部が深く当初の腹腔(ふくくう)鏡手術から開…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集