連載

九州の春

毎日新聞デジタルの「九州の春」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

九州の春

隣人が見た/10 鹿児島ハラールショップ経営 シャリフ・ムハマド・アフザルさん 子どもの成長の節目 /鹿児島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

シャリフ・ムハマド・アフザルさん(42)=パキスタン

 2001年に鹿児島大に留学し、来日18年目を迎えました。パキスタン第2の都市・ラホール出身です。卒業後そのまま鹿児島に残りました。

 イスラム教徒の私は戒律でアルコールや豚肉のエキスが入ったものを食べることはできません。留学当初は食事に随分困りました。そんな苦労をするイスラム圏の人たちの役に立ちたいと、4年前、イスラム教徒が安心して食べることができる「ハラール」食品やスパイスなどを取り扱う県内唯一のハラールショップをオープンさせました。

 地元の人たちにもイスラムの文化を知ってもらいたいと願っていました。最近では鹿児島で飲食店を開く人たちが買い物に来てくれることもあります。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1003文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集