メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア総選挙

政権交代 民主化の進展なるか 京都大学東南アジア地域研究研究所連携講師・伊賀司氏の話

京都大学東南アジア地域研究研究所連携講師(マレーシア政治・社会研究)、伊賀司氏の話

 今回はもともと与党連合・国民戦線に批判的な中華系住民だけでなく、多数派のマレー系住民も野党連合・希望連盟を支持した。マレーシア経済の国内総生産(GDP)成長率は4・2%(2016年)だが、生活費の上昇や税金の引き上げで庶民の生活は苦しく、多くが成長を実感できていない。加えて政府系ファンドなどを巡る汚職疑惑がナジブ政権の支持離れを招いた。

 マレー系住民の間ではこれまでマレー系優遇政策に批判的だとされる一部野党側への警戒が強かった。だが、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです