メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第4部・パリ五月革命/下 伸長する保守勢力 「寛容な社会」評価二分

五月革命を批判するロマン・エスピノさん(中央)=フランス南東部リヨンで2017年10月、賀有勇撮影

 フランス社会のあり方を変えたとされる1968年の五月革命。調査会社IFOPが昨年公表した世論調査では、78%が「フランスの歴史にとって重要な出来事だった」と回答した。仏社会の大きな節目であったことは広く国民に認知されている。一方で、その社会的な功罪についての評価は今も定まっていない。

 「我々は68年(五月革命)世代の犠牲者だ」。2012年にインターネット上に公開された「宣戦布告」と題された2分半余りの動画のなかで、若いフランス人女性がこう訴えかける。

 動画を作製したのは、フランスを拠点に欧州各地に支部を広げている若者らによる保守系団体「ジェネレーシ…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1217文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです