メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第4部・パリ五月革命/下 伸長する保守勢力 「寛容な社会」評価二分

五月革命を批判するロマン・エスピノさん(中央)=フランス南東部リヨンで2017年10月、賀有勇撮影

 フランス社会のあり方を変えたとされる1968年の五月革命。調査会社IFOPが昨年公表した世論調査では、78%が「フランスの歴史にとって重要な出来事だった」と回答した。仏社会の大きな節目であったことは広く国民に認知されている。一方で、その社会的な功罪についての評価は今も定まっていない。

 「我々は68年(五月革命)世代の犠牲者だ」。2012年にインターネット上に公開された「宣戦布告」と題された2分半余りの動画のなかで、若いフランス人女性がこう訴えかける。

 動画を作製したのは、フランスを拠点に欧州各地に支部を広げている若者らによる保守系団体「ジェネレーシ…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1217文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです