メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 加須に生きる/上 もう逃げたくない 福島から埼玉、葛藤越えた13歳

ランニングに出発する小畑大地さん(右)。母明美さんが「気をつけて」と声を掛けた=埼玉県加須市で2月18日

 「僕、福島に戻りたくない」。東京電力福島第1原発事故による影響が続いていた2013年秋、福島県双葉町から埼玉県加須市に避難を強いられていた当時9歳の小畑大地さん(13)は、目に涙をためながら訴えた。

 母明美さんと父一彦さんが、一人息子へのいじめに気づき、幾日も悩んだ末、祖父母が戻った福島県いわき市に「みんなで住もう」と語りかけたときのことだ。2人にとっては予想外の反応だった。大地さんは続けた。「今、福島に帰ったら、逃げることになる。もう、逃げたくないんだ」

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1142文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです