メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 加須に生きる/上 もう逃げたくない 福島から埼玉、葛藤越えた13歳

ランニングに出発する小畑大地さん(右)。母明美さんが「気をつけて」と声を掛けた=埼玉県加須市で2月18日

 「僕、福島に戻りたくない」。東京電力福島第1原発事故による影響が続いていた2013年秋、福島県双葉町から埼玉県加須市に避難を強いられていた当時9歳の小畑大地さん(13)は、目に涙をためながら訴えた。

 母明美さんと父一彦さんが、一人息子へのいじめに気づき、幾日も悩んだ末、祖父母が戻った福島県いわき市に「みんなで住もう」と語りかけたときのことだ。2人にとっては予想外の反応だった。大地さんは続けた。「今、福島に帰ったら、逃げることになる。もう、逃げたくないんだ」

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  5. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです