メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ハワイ・キラウエア噴火 地面ずれ、最大2.5メートル 国土地理院、衛星データを解析

溶岩で多くの住宅が破壊されるなど被害が拡大している=ハワイ島パホア村で2018年5月5日、AP

 米ハワイ島・キラウエア火山ふもとの住宅地で発生した噴火で、国土地理院は10日、溶岩を噴出する割れ目で地面が南北に裂けるように広がり、最大で計約2・5メートルずれ動いたことを示す解析画像を公表した。地球観測衛星「だいち2号」のデータを使い分析した。矢来博司・地殻変動研究室長は「地面を押し広げながら地下からマグマが上昇しているのではないか」と話している。

 だいち2号は地表に電波を送り、跳ね返りの状況から地形を調べられる衛星。今年2月と今月8日のデータを…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです