メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ハワイ・キラウエア噴火 地面ずれ、最大2.5メートル 国土地理院、衛星データを解析

溶岩で多くの住宅が破壊されるなど被害が拡大している=ハワイ島パホア村で2018年5月5日、AP

 米ハワイ島・キラウエア火山ふもとの住宅地で発生した噴火で、国土地理院は10日、溶岩を噴出する割れ目で地面が南北に裂けるように広がり、最大で計約2・5メートルずれ動いたことを示す解析画像を公表した。地球観測衛星「だいち2号」のデータを使い分析した。矢来博司・地殻変動研究室長は「地面を押し広げながら地下からマグマが上昇しているのではないか」と話している。

 だいち2号は地表に電波を送り、跳ね返りの状況から地形を調べられる衛星。今年2月と今月8日のデータを比較すると、東西に延びる割れ目を挟んで北側は北に約1メートル、南側は南に約1・5メートルずれ動いたことが分かった。国土地理院はこれを基に、東西の幅約7キロ、深さ約2キロの板状のマグマの通り道をマグマが上昇したと推定。そのマグマが地面を押し広げたとみられるという。

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです