連載

「18歳成人」に思う

大人と子どもの線引きを「18歳」とする民法改正案が国会で議論されている。各界の識者らの声を紹介する。

連載一覧

「18歳成人」に思う

20歳の式典、継続して 日本きもの連盟会長・奥山功さん(73)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 成人年齢が引き下げられようとしていますが、成人式挙行は現行の20歳を維持してほしいと考えています。

 成人式は、埼玉県蕨町(現蕨市)が1946年に開催した「青年祭」が始まりとされ、70年を超える歳月を経て発展し、国民生活に浸透しています。高校卒業後にそれぞれの道を歩み始めた若者たちが再会し、懇親を深める場にもなっています。18歳の多くは高校3年生。大半の地方自治体が成人式を開く1月は大学受験シーズン真っただ中で、成人を祝う環境が整っているとは言えません。

 成人式は大人になる喜びをかみしめ、責任を自覚する式典でもあります。男性は新調したスーツ、女性は振り袖を着る人が多い。でも、18歳に引き下げられると、そうした慣習は次第に失われ、高校生は制服で出席するという形になる可能性もあります。そうなれば振り袖という日本の文化も衰退していくかもしれません。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文703文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集