メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

若い無業女性を自治体支援

「ガールズ編しごと準備講座」を終了し、アルバイトとしてカフェで働くナオさん(右)=横浜市南区のフォーラム南太田で

 就職や通学をしていない若い無業の女性に手を差し伸べる自治体が増えている。悩みを抱えているのに「結婚して養ってもらえばよい」と見過ごされたり、「家事手伝い」に分類されたり。支援から漏れてきた人は少なくない。

 ●「成功体験」を糧に

 赤レンガ造りの建物に、明るい日差しが差し込む。4月下旬、公益財団法人「横浜市男女共同参画推進協会」(川名薫理事長)が運営する「フォーラム南太田」(同市南区)。1階の喫茶「めぐカフェ」で、利用客がランチメニューを選んでいた。日替わりの野菜スープが2種類。アルバイトスタッフの女性がメニューを説明している。

 ナオさん、34歳。かつて「若年無業女性」と呼ばれた。働きづらさに悩む15~39歳の独身女性向けに協会が開いている「ガールズ編しごと準備講座」の修了生。受講後に就労体験ができる実習場所のこのカフェで、今、アルバイトとして働く。

この記事は有料記事です。

残り2190文字(全文2569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです