メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ガールズ編しごと準備講座」を終了し、アルバイトとしてカフェで働くナオさん(右)=横浜市南区のフォーラム南太田で

 就職や通学をしていない若い無業の女性に手を差し伸べる自治体が増えている。悩みを抱えているのに「結婚して養ってもらえばよい」と見過ごされたり、「家事手伝い」に分類されたり。支援から漏れてきた人は少なくない。

 ●「成功体験」を糧に

 赤レンガ造りの建物に、明るい日差しが差し込む。4月下旬、公益財団法人「横浜市男女共同参画推進協会」(川名薫理事長)が運営する「フォーラム南太田」(同市南区)。1階の喫茶「めぐカフェ」で、利用客がランチメニューを選んでいた。日替わりの野菜スープが2種類。アルバイトスタッフの女性がメニューを説明している。

 ナオさん、34歳。かつて「若年無業女性」と呼ばれた。働きづらさに悩む15~39歳の独身女性向けに協…

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです