メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八戸市立青潮小の校舎屋上に設置された「ヘリサイン」=青森県公共嘱託登記土地家屋調査士協会提供

 先日仕事で青森県八戸市にお邪魔しました。目的は「ヘリサイン授与式」で講演をするためだったのですが、ヘリサインと聞いてどんなものを思い浮かべますか。

 「H」と書かれたマーク? いえ「H」はヘリポートのこと。ヘリサインとは、その場所の名称が屋上などに大きく書かれた目印、いわゆる対空表示のことを言います。阪神大震災や東日本大震災をきっかけに、全国に少しずつ導入が進んでいます。

 ヘリサインが真価を発揮するのは大規模災害時です。大きな災害の際は、他県から土地勘のない操縦者が救援ヘリコプターで駆けつけますが、ヘリサインがあることで避難場所などを容易に把握することができます。熊本県は東日本大震災での救援活動をきっかけに県内に100カ所近くのヘリサインを整備しましたが、熊本地震の際は都市部ではなくヘリサインのないような小さな集落への救助も多く、設置箇所に関しての課題も見えてきま…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです