メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーW杯・レジェンドからの伝言

/3 経験者中心に結束を 宮本恒靖さん

2002年サッカーW杯日韓大会のロシア戦でプレーする宮本恒靖(右)=横浜市港北区の横浜国際総合競技場で2002年6月9日、近藤卓資撮影

宮本恒靖さん(41)=DF 2002年日韓大会、06年ドイツ大会代表

 日本代表の主将としてピッチに立った回数は、現主将の長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)に次ぐ55回を数える。冷静沈着な判断力と高いリーダーシップ。育成年代から常にチームの中核を担い、2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会に向けたジーコ監督体制では主将として代表チームをまとめてきた。

 当時考え続けたことは「結果を出すためにどうすればいいのか、何ができるのか」。練習内容などについての…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです