特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 「京産大、官邸に呼ばれず」 加計と競合、元教授証言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大槻公一元教授
大槻公一元教授

 国家戦略特区を活用した獣医学部新設を巡って、加計(かけ)学園(岡山市)と競合した京都産業大(京都市)で設置準備を担った大槻公一元教授(76)=今年3月末に退職=が毎日新聞のインタビューに応じた。加計学園関係者は2015年4月2日に柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)と面会していたとされるが、大槻氏は「京産大は首相官邸に呼ばれたことはない。公平ではない」などと振り返った。【菅沼舞】

 大槻氏によると、京産大が獣医学部新設を提案する2カ月前の16年1月、内閣府の藤原豊・地方創生推進室次長(当時)と面会した際、「今ごろ持ってきて(遅い)。今治はもっと頑張っている」との趣旨のことを言われたという。今治市と愛媛県は07~14年、構造改革特区での獣医学部新設を計15回申請して却下され、15年6月に国家戦略特区での新設を申請していた。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文756文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集