メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「LGBTフレンドリー」企業に学べば 理解への環境整え意識改革

自らの経験を踏まえ、LGBTに配慮したサービスを提供する不動産仲介会社「IRIS」の須藤啓光社長(左)とスタッフの石野大地さん=村瀬優子撮影

 LGBTなど性的少数者に配慮した「LGBTフレンドリー」をうたう企業が増えている。生活に密接に関わる不動産関連業や、2020年の東京五輪に向けて需要が見込める宿泊業の取り組みが目立つ。当事者の悩みに応じながら対応を進める企業を取材した。【村瀬優子】

不動産仲介、当事者の立場で

 「同性カップルでの入居を希望しておられます。お二人とも落ち着いた方々です」

 東京都世田谷区の不動産仲介会社「IRIS(アイリス)」は同意を得た客の人柄などを紹介状に書き込み、物件の管理会社やオーナーに渡す。来客の約8割がLGBT当事者といい、社長の須藤啓光(あきひろ)さん(28)は「LGBTに漠然とマイナスなイメージを持つ人は多い。当事者の力になりたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り2239文字(全文2560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです