メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓

「名前は丸ごと私自身 選択肢を」 事実婚30年の女性

 広島地裁へ提訴の手続きを取った原告の女性医師(62)=広島市=が毎日新聞の取材に応じた。旧姓に戻るため形式的に離婚し、30年近く事実婚を続けており、「自分の姓で生きるという選択肢を増やしてほしい」と選択的夫婦別姓制度の導入を求めた。

 女性は28歳の時、同僚の男性と結婚。なじみがある姓が変わり、強い違和感が残った。職場で夫の姓で呼ばれるようになり、その度に「自分と違う人間がいる」と感じた。

 長男と長女を出産した後、35歳の時に旧姓を名乗るため「ペーパー離婚」を決断。夫も理解してくれ、3人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです