夫婦別姓

「名前は丸ごと私自身 選択肢を」 事実婚30年の女性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 広島地裁へ提訴の手続きを取った原告の女性医師(62)=広島市=が毎日新聞の取材に応じた。旧姓に戻るため形式的に離婚し、30年近く事実婚を続けており、「自分の姓で生きるという選択肢を増やしてほしい」と選択的夫婦別姓制度の導入を求めた。

 女性は28歳の時、同僚の男性と結婚。なじみがある姓が変わり、強い違和感が残った。職場で夫の姓で呼ばれるようになり、その度に「自分と違う人間がいる」と感じた。

 長男と長女を出産した後、35歳の時に旧姓を名乗るため「ペーパー離婚」を決断。夫も理解してくれ、3人目の子供は女性の戸籍に入れた。「姓が違っても、親子・兄妹関係は一般的な家庭と変わりない。私の名字への思いを子供も尊重してくれた」と話す。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文548文字)

あわせて読みたい

注目の特集