メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓

「名前は丸ごと私自身 選択肢を」 事実婚30年の女性

 広島地裁へ提訴の手続きを取った原告の女性医師(62)=広島市=が毎日新聞の取材に応じた。旧姓に戻るため形式的に離婚し、30年近く事実婚を続けており、「自分の姓で生きるという選択肢を増やしてほしい」と選択的夫婦別姓制度の導入を求めた。

 女性は28歳の時、同僚の男性と結婚。なじみがある姓が変わり、強い違和感が残った。職場で夫の姓で呼ばれるようになり、その度に「自分と違う人間がいる」と感じた。

 長男と長女を出産した後、35歳の時に旧姓を名乗るため「ペーパー離婚」を決断。夫も理解してくれ、3人…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文548文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  4. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ
  5. 風知草 学べば朽ちず=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]