メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

YS11

3年ぶり離陸へ 高松空港から能登空港に

東京上空を飛行し、高松空港に向かったYS11=本社ヘリから森田剛史撮影

 高松市の高松空港に2015年から駐機されている、戦後唯一の国産旅客機「YS11」が11日、同空港を3年ぶりに離陸し、能登空港(石川県輪島市)へ移る。高松空港ではイベントで地上走行を披露するなどファンに親しまれてきたが、今年4月の民営化に伴って駐機場の拡充も計画されており、従来通りに駐機し続けることが難しくなっていた。【植松晃一】

 YS11を所有する航空機整備会社「エアロラボインターナショナル」(大阪府八尾市)によると、機体は国土交通省から払い下げられたもの。寄付金を募って飛行が続けられる「動態保存」に取り組み、高松空港には15年5月に羽田空港から飛来した。その後は同社が時折、エンジンを動かすなどして整備していた。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです