メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄

辺野古工事中止を訴え 「平和行進」始まる

 沖縄が本土復帰した1972年5月15日を記念し、平和を願いながら歩く「5・15平和行進」が11日、沖縄本島内の2コースで始まった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に向け名護市辺野古で埋め立て護岸工事が着々と進む中、全国から駆けつけた労組関係者らが工事中止などを訴えた。

 本島中北部を巡るコースは辺野古にある米軍キャンプ・シュワブのゲート前をスタート。出発式で沖縄平和運…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]