沖縄

辺野古工事中止を訴え 「平和行進」始まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沖縄が本土復帰した1972年5月15日を記念し、平和を願いながら歩く「5・15平和行進」が11日、沖縄本島内の2コースで始まった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に向け名護市辺野古で埋め立て護岸工事が着々と進む中、全国から駆けつけた労組関係者らが工事中止などを訴えた。

 本島中北部を巡るコースは辺野古にある米軍キャンプ・シュワブのゲート前をスタート。出発式で沖縄平和運…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集