メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜

長良川に初夏 アユの初競り

次々に競り落とされていく長良川の天然アユ=岐阜市茜部新所の市中央卸売市場で2018年5月11日午前6時20分、高橋龍介撮影

 岐阜地方に初夏の訪れを告げる長良川の天然アユの初競りが11日、岐阜市茜部新所2の市中央卸売市場で行われた。初日の入荷量は60箱(1箱約1キロ)、最高値はご祝儀相場もあり、1箱2万5000円(税抜き)がついた。昨年の初日は入荷量40箱、最高値は2万円だった。

     最高値で競り落とした同市玉宮町1の鮮魚店「魚(うお)ぎ」の内藤彰俊さん(37)は体長12~15センチのアユを見ながら、「きれいな目をしており色つやもいい。市内の料理店から『値段は気にせずいいものを』と言われていた」と満足げだった。

     長良川漁協が4月25日に実施した調査では、アユの体長は7~12センチ。生育状況は例年より良好で、遡上(そじょう)数は例年並みだった。市場関係者は「天然ものは香りが違う。やっぱり塩焼きが最高だよ」と話していた。初物は名古屋市内や関東地方にも出荷されるという。【高橋龍介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
    2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
    3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
    4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
    5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]