メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
竹久夢二

最初期の作品発見 千代田区、寄贈資料の中から

竹久夢二最古の作品とみられる「揺籃」。推敲の跡が残り、若き芸術家の熱意がうかがえるという=東京都千代田区の日比谷図書文化館で、西本勝撮影

 美人画で知られる画家の竹久夢二(1884~1934年)が、20歳前後に自作した挿絵入りの冊子が発見された。本名の「茂次郎」を使っていた学生時代のもので、これまでに確認された夢二の絵画作品としては最も古いとみられる。詩や小説に添えられた恋人、親子を題材とした挿絵には、後の大正ロマンの旗手としての片りんがうかがえ、専門家は第一級の史料と評価している。

 冊子は、夢二の画集などを刊行していた出版社「龍星閣」が2015年、東京都千代田区に寄贈した関連資料…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文947文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです