メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング女子

佐伯霞がプロ転向 27日にデビュー戦

公開プロテストのスパーリングを終えた佐伯霞=神戸市中央区の神戸市立中央体育館で2018年4月28日午後6時34分、来住哲司撮影

 2011年の第1回世界女子ジュニア(14~16歳)ボクシング選手権ライトフライ級(48キロ以下)金メダルの佐伯霞(21)が真正ジム(神戸市垂水区)からプロに転向し、27日に和歌山ビッグウエーブでデビュー戦(6回戦)を行う。2020年東京五輪出場を期待されていたが、「小さい頃から華やかなプロに憧れており、プロのリングに早く立ちたい」と決断した。

 神戸市立中央体育館で先月28日にあった興行の際、佐伯の公開プロテスト(2ラウンドのスパーリング)が行われた。身長155センチの右ファイターの佐伯は同ジム所属のA級(8回戦以上)女子選手を相手に終始優勢に戦い、B級(6回戦以上)合格を決めた。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです