メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参考人招致

柳瀬氏、加計側面会は3回「首相に報告せず」

衆院予算委員会に参考人招致で出席した柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)=国会内で2018年5月10日午前9時6分、宮武祐希撮影

安倍首相の関与を重ねて否定

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)は10日、衆参両院の予算委員会に参考人として出席し、2015年に学園関係者と首相官邸で計3回会ったことを明らかにした。柳瀬氏は、学園の加計孝太郎理事長と安倍晋三首相が親友との認識はあったと認める一方、学園関係者との面会を首相に報告したり、指示を受けたりしたことはなかったとし、首相の関与を重ねて否定した。

 愛媛県が作成した文書には、柳瀬氏は15年4月2日に学園関係者や同県、今治市の職員に首相官邸で面会し、「本件は、首相案件」と述べたと記載されていた。柳瀬氏によると、学園事務局の要請を受け、吉川泰弘元東京大教授や学園の渡辺良人事務局長ら約10人と面会したという。ただ、愛媛県や今治市の職員については「随行者の中にいたかもしれない」などと述べた。

 柳瀬氏はこれまで、愛媛県や今治市の職員との面会を否定するだけで、学園関係者との面会には触れてこなかった。柳瀬氏は、学園関係者との面会について直接聞かれなかったためだと釈明しつつ、「質問に一つ一つお答えして全体像が見えなくなり、国民の皆様に大変分かりづらくなり、国会の審議にご迷惑をおかけした」と頭を下げた。

 また、面会に先立つ15年2~3月、今治市が学部新設に向けて国家戦略特区の提案をした同6月ごろにも学園関係者と官邸で面会したことも明らかにした。加計氏ら学園関係者とは13年5月に首相の別荘で知り合ったとしたが、「(学園を)特別扱いするとか配慮するとかは全くない」と明言。首相に「報告したことも、指示を受けたことも一切ない」と強調した。

 ただ、昨年7月に衆参両院の予算委に参考人招致される前、政務を担当する今井尚哉首相秘書官から問い合わせを受け、今治市職員との面会は記憶にないが、学園関係者との面会は記憶にあると報告したという。

 県文書の「首相案件」との言葉については、「獣医学部新設の解禁は総理が早急に検討していくと述べている案件だ」と学園側に伝えたと説明。国家戦略特区諮問会議の席上で首相が獣医学部新設に意欲を示した発言を紹介しただけだとし、「今治市の個別プロジェクトが首相案件になると言うとは思わない」と指摘。「伝えたかった趣旨とは違う」と述べた。

 衆院予算委には政府の国家戦略特区諮問会議ワーキンググループの八田達夫座長(大阪大名誉教授)、参院予算委には加戸守行・前愛媛県知事も参考人として出席。八田氏は「首相からも秘書官からも何の働きかけも受けたことはない」と強調。加戸氏は「愛媛県文書が一言一句その通りのはずがない」と柳瀬氏の説明を擁護した。

 野党は「加計ありきが浮き彫りになった」と反発を強めており、14日に予定される衆参両院予算委の集中審議で首相への追及を強める構えだ。【松倉佑輔】

柳瀬元首相秘書官の答弁 骨子

・2013年に安倍晋三首相の別荘で、加計孝太郎理事長ら加計学園関係者と初めて会った

・15年2月か3月から6月ごろまで学園関係者と首相官邸で計3回面会した

・同年4月2日は学園関係者ら約10人と面会。愛媛県と今治市の職員が同席したかもしれない

・今治市の計画が「首相案件」とは言っていない

・面会を首相に報告したり、首相から指示されたりしていない

・同学園以外に国家戦略特区の提案者と会ったことはない

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]