メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公然わいせつ

逆転有罪確定へ DNA鑑定に信用性 

 公然わいせつ罪に問われた堺市の男(30)の上告審で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は10日、DNA型鑑定の信用性を認めずに無罪とした2審・大阪高裁判決(2017年4月)を破棄する逆転有罪判決を言い渡した。懲役1年の実刑とした1審・大阪地裁堺支部判決(16年9月)が確定する。

 2審は、現場に残された体液のような遺留…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文369文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです