メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

皇居の養蚕、雅子さま継承へ

皇居内の養蚕施設で「天蚕(てんさん)」と呼ばれる野生種のカイコの卵を、餌となるクヌギの枝に付ける「山つけ」作業をされる皇后さま=皇居で2018年5月2日、宮内庁提供

 皇后さまが皇居内で続けられている養蚕について、宮内庁は10日、来年4月末の天皇陛下の退位後は新皇后となる皇太子妃雅子さまに引き継がれると明らかにした。両陛下は13日、カイコを飼育している皇居内の紅葉山御養蚕所に皇太子ご一家を案内するという。

     皇室の養蚕は、明治時代から代々の皇后が続けてきたもので、当初は産業奨励の意味があったが、現在は伝統文化の継承という側面がある。皇后さまが育てたカイコから取れた糸は、文化財の修復などにも使われている。

     同庁によると、雅子さまは4月下旬に皇太子ご一家を補佐する東宮職幹部を通じて、養蚕を引き継ぐ考えを皇后さまに伝えたという。同庁幹部は「皇后さまは養蚕が雅子さまの精神的な負担にならないよう、できる範囲でなさったらいいとの考えだ」と話している。【高島博之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
    2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
    3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
    4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
    5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]