平昌五輪

羽生ら金メダリスト3人に都栄誉賞

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
パレードに駆けつけた人たちの歓声に応える羽生結弦選手=仙台市青葉区で2018年4月22日午後1時45分、喜屋武真之介撮影
パレードに駆けつけた人たちの歓声に応える羽生結弦選手=仙台市青葉区で2018年4月22日午後1時45分、喜屋武真之介撮影

 東京都は、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりとなる連覇を果たした早稲田大在学中の羽生結弦選手(23)ら、都内在住・在学の金メダリスト3人に「都栄誉賞」を贈呈すると発表した。表彰式は6月1日。

 ほかに贈呈されるのは、平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子大回転座位の村岡桃佳選手(21)と、ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位の新田佳浩選手(…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

あわせて読みたい

注目の特集