メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま、性被害を語る

「セクハラ」流行語から30年「官僚、何も学んでいなかった」角田由紀子弁護士

角田由紀子弁護士=永峰拓也さん撮影

 時代が昭和から平成に移り変わろうとするころ、角田(つのだ)由紀子弁護士は「セクシュアルハラスメント」という言葉を日本に広めようとしていた。「セクハラ」という言葉が流行語大賞の新語部門を受賞したのは平成元年(1989年)だった。あれから30年、平成があと1年で終わろうとしている今、再び「セクハラ」という言葉に注目が集まっている。角田さんは「少しずつ、でも確実に変化は起きている」と前を向く。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2814文字(全文3030文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]