メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

自治体採用、性別削除 LGBTなど配慮 愛媛や大阪市、13県市の申請

職員採用受験申請で性別欄を削除・任意項目とする自治体

 全国の自治体で職員採用試験の申し込みで、性同一性障害やLGBTなど性的少数者に配慮して受験申込書から性別欄を削除する動きが広まっている。毎日新聞が全国47都道府県と県庁所在地・政令指定都市の一般行政職員採用を調べたところ、大阪市など13自治体で「選考に性別は関係ない」として、性別欄を削除、または任意項目としていた。【前本麻有】

 今年度から性別欄を削除した大阪市は、淀川区が2013年に「LGBT支援宣言」を発表するなど、全庁的…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです