メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

自治体採用、性別削除 LGBTなど配慮 愛媛や大阪市、13県市の申請

職員採用受験申請で性別欄を削除・任意項目とする自治体

 全国の自治体で職員採用試験の申し込みで、性同一性障害やLGBTなど性的少数者に配慮して受験申込書から性別欄を削除する動きが広まっている。毎日新聞が全国47都道府県と県庁所在地・政令指定都市の一般行政職員採用を調べたところ、大阪市など13自治体で「選考に性別は関係ない」として、性別欄を削除、または任意項目としていた。【前本麻有】

 今年度から性別欄を削除した大阪市は、淀川区が2013年に「LGBT支援宣言」を発表するなど、全庁的…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです