メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て支援

富谷市幹部が「イクボス宣言」 /宮城

 富谷市と同市議会の幹部がそろって11日、子育てや介護を抱える部下職員を応援する上司を目指す「イクボス宣言」をした。同市は今春、保育所の「待機児童ゼロ」を達成。市として率先してワーク・ライフ・バランス(WLB、仕事と生活の両立)を進める環境作りの取り組みで、同宣言は自治体単独としては県内初という。

 宣言には若生裕俊市長をはじめ副市長、教育長、参事以上の管理職に、市内の幼稚園長・保育所長、市議会正副議長ら計約50人が参加した。宣言式では、立会人のNPO法人「ファザーリング・…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです