メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

積善館/中 先代たちが守った源泉 /東京

 ◆積善館 群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236

湯治気分に浸って

 扉を開けると、正面の大きなアーチ型窓から朝の柔らかな日差しが差し込み、茶色やベージュのタイルの床にキラキラ反射している。四角い浴槽に体を沈めると、ぬるめの湯が心地いい。心も体もじわじわとほぐれていく。

 「四万(よんまん)の病を癒やす霊泉」。それが古くから伝わる四万温泉の名の由来だという。「草津温泉の仕上げ湯」としても知られ、「よい湯で塩気があって透き通るようで極きれい」と三遊亭円朝の落語でも絶賛された。その無色透明の湯の泉質は肌に優しいとされるナトリウム・カルシウム塩化物硫酸塩だ。1954年、国民保養温泉地第1号に指定された。

 300年以上その源泉を受け継いできたのが積善館だ。館内には五つの風呂があり、中でも「元禄の湯」は1…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文842文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです