ヒマラヤの青いケシ

「幻の花」咲き誇る 神戸 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
見ごろを迎えた「ヒマラヤの青いケシ」こと「メコノシプス・グランディス」=神戸市灘区の六甲高山植物園で、峰本浩二撮影
見ごろを迎えた「ヒマラヤの青いケシ」こと「メコノシプス・グランディス」=神戸市灘区の六甲高山植物園で、峰本浩二撮影

 神戸市灘区の六甲高山植物園で「ヒマラヤの青いケシ」が見ごろを迎えた。透き通るような青い花が来場者を楽しませている。

 ヒマラヤなどの高地を原産とするケシ科の多年草。「幻の花」と呼ばれ、暑さに弱く国内栽培が難しい。植物園では4種約1000株を栽培しており、現在は直径約10センチの大きな花をつける「メコ…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文248文字)

あわせて読みたい

ニュース特集