メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福山ばら祭

認定グッズ、今年も登場 「うずみ」模したアイスなど11点 19、20日 /広島

2018年度の認定ばらグッズを手にするBGG20の佐藤加那子さん(左)と占部里早さん=広島県福山市役所で、松井勇人撮影

 福山ばら祭(福山祭委員会主催)を盛り上げる今年度の「認定ばらグッズ」に11点が選ばれ、実行委担当者や「BGG(ばらグッズガール)20」メンバーが10日、福山市役所を訪れた。実行委の畦崎泰子ばらグッズ部会長は、枝広直幹市長に「楽しいグッズで祭りを盛り上げたい」とアピールした。ばら祭は19、20日、市中心部で開催される。

 ばらグッズは福山の土産物としてふさわしい商品を市民投票などで選ぶ企画で、選定は今年で21回目。11点は、郷土料理「うずみ」を模して瀬戸内レモンや食用バラが隠れたアイスクリーム(450円)▽福山城や常夜燈(じょうやとう)などが描かれたマスキングテープ(324円)▽福山デニムを使った花のブローチ(1620円)--などで、ばら祭期間中に会場で販売される。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです