メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月輪寺薬師堂

県内最古の木造建造物 20年ぶり屋根ふき替え 地元児童も作業手伝い /山口

 山口市徳地上村の月輪寺(がちりんじ)薬師堂(国指定重要文化財)で、約20年ぶりとなるかやぶき屋根のふき替えが始まった。11日は、地元の市立島地小5、6年生15人が作業を手伝った。

 薬師堂は、東大寺再建用の木材を調達するため徳地地区に入った重源上人が1189年、聖徳太子ゆかりとされる荒廃したお堂を現在地に再建したと伝えられ、県内最古の木造建造物と考えられている。

 かやぶき屋根は、風雨や表面に生えるコケで傷むため15~20年に1度ふき替える必要があり、前回は1999年だった。児童は薬師堂正面に組まれた足場の上に並び、工事を担当する「山城萱葺(かやぶき)」(京都府城陽市)社員の指導を受けながら、熊本・阿蘇のススキを丁寧に乗せ、木製の「たたきごて」で端をたたいてそろえた。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです