連携協定

パソコン技能習得、主婦の在宅労働推進 宇城市とIT企業が締結 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 パソコンを使って自宅で働くテレワークにより女性の埋もれた力を活用するため、熊本県宇城市(守田憲史市長)が、東京のITベンチャー企業「マミーゴー」(荻野久美子社長)と連携協定を結んだ。

 子育てや介護などで離職した女性らにIT技術を身につけてもらうことで、在宅で働く道を開くのが狙い。

 マミーゴーは荻野社長が2014年に起業。約1000人の女性に無償でパソコン技術を習得してもらい、提携企業から受注したデータ入力やアンケート調査など在宅で…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集