メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

関係国動き加速 韓国、G7参加へ調整

 【ワシントン高本耕太、ソウル堀山明子、北京・河津啓介】米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催されることが決まった。トランプ米大統領は10日夜の演説で「会談は大きな成功になるだろう」と自信を示し、北朝鮮の朝鮮中央通信も同日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が米朝首脳会談について「素晴らしい未来を作る第一歩であり、歴史的な会談になるだろう」と述べたと伝えた。

 日程が確定したことを受けて、関係国の動きも活発化している。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです