米朝首脳会談

関係国動き加速 韓国、G7参加へ調整

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太、ソウル堀山明子、北京・河津啓介】米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催されることが決まった。トランプ米大統領は10日夜の演説で「会談は大きな成功になるだろう」と自信を示し、北朝鮮の朝鮮中央通信も同日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が米朝首脳会談について「素晴らしい未来を作る第一歩であり、歴史的な会談になるだろう」と述べたと伝えた。

 日程が確定したことを受けて、関係国の動きも活発化している。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1043文字)

あわせて読みたい

注目の特集