メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ベトナムから平和を思う=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 自分が大学生だった1960年代後半にベトナムからの留学生が次のように言った。「日本は太平洋戦争で焦土と化し、原爆も投下されたのに、今や東京オリンピックも成功させてすばらしい経済発展を遂げている。ベトナムは1000年中国と戦い、今また独立をかけて内戦を繰り広げている。ベトナムでは太陽が西から昇っても平和は来ない」。その時の彼の悲しそうな目が今も忘れられない。

 私が国税庁長官だった十数年前に出会ったベトナム人通訳は「子供の頃は豚と一緒に育った。まさか西洋トイレの生活ができるようになるとは思わなかった」と笑いながら語った。その女性は「両親の生活を良くするために」と、30歳以上年上の米国人男性と結婚して渡米した。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです