裁量労働制

厚労省データ問題 法大教授、自民部会長に抗議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 法政大の上西充子教授は11日に記者会見し、裁量労働制を巡る厚生労働省の不適切データ問題に関する自身の検証記事に対し、自民党の橋本岳厚労部会長がフェイスブックに「後付けで噴飯ものもいいところ」などと投稿したことに抗議した。上西教授は「一人の研究者への圧力で到底認められない」と述べた。

 上西教授は不適切データについて「政権の…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文330文字)

あわせて読みたい

ニュース特集