メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湯川秀樹博士

「原子力は猛獣」「もはや制御できず」 京大日記公開、科学者としての危機感示す

湯川秀樹氏

 京都大は11日、日本人初のノーベル賞を受賞した物理学者の湯川秀樹(1907~81年)が、太平洋・ビキニ環礁付近での米国の水爆実験について書いた54年の日記を公開した。ビキニ事件を機に平和運動へ身を投じた過程がうかがえる資料だ。湯川と交流があり、日記の判読に携わった小沼通二・慶応大名誉教授(87)は「ビキニ事件から湯川は“行動の人”になった。核兵器が依然残る現代、私たちにどう考え、行動すべきか示唆する」と話す。

 54年3月1日に行われたビキニ水爆実験は広島型原爆の約1000倍の規模。マグロ漁船「第五福竜丸」な…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文883文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]