メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来春の採用についての合同企業説明会。学生たちは企業のブースを回り、社員から話を聞く=福岡市中央区のヤフオクドームで、矢頭智剛撮影

 就職活動中の学生がセクハラを受ける「就活セクハラ」。被害を受けた学生の中には、誰にも相談できず泣き寝入りするケースもある。セクハラを受けた時、またセクハラを起こさないために、どうすればいいのか。

 ●面接で性的な質問

 「彼氏はいるの?」「どこからが付き合ってるんだと思ってるの?」。今年3月に東京都内の大学を卒業した女性(22)は、人材紹介会社が実施する面接練習で、性的な質問を受けた。間仕切りで仕切られた狭いスペース。机を挟み正面に座った中年の男性スタッフは、初対面の女性のプロフィルを聞き出す中で、個人的な質問を挟んできた。「ちゃんとしたところまでだと何回なの」「そういうこと込みの付き合いだったの」……。性交渉をほのめかすような問いかけが続いた。「この後予定はあるの」「また会ったら飲もうね」と誘いも受けた。

 「最初は場を和ませるための話の糸口かと思った」と女性は振り返る。だが、質問を重ねられるたびに嫌悪感が増した。大学のキャリアセンター(就職支援担当課)に信頼できる女性のキャリアカウンセラーがいたため、相談しようと決めた。

この記事は有料記事です。

残り2139文字(全文2606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです