メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来春の採用についての合同企業説明会。学生たちは企業のブースを回り、社員から話を聞く=福岡市中央区のヤフオクドームで、矢頭智剛撮影

 就職活動中の学生がセクハラを受ける「就活セクハラ」。被害を受けた学生の中には、誰にも相談できず泣き寝入りするケースもある。セクハラを受けた時、またセクハラを起こさないために、どうすればいいのか。

 ●面接で性的な質問

 「彼氏はいるの?」「どこからが付き合ってるんだと思ってるの?」。今年3月に東京都内の大学を卒業した女性(22)は、人材紹介会社が実施する面接練習で、性的な質問を受けた。間仕切りで仕切られた狭いスペース。机を挟み正面に座った中年の男性スタッフは、初対面の女性のプロフィルを聞き出す中で、個人的な質問を挟んできた。「ちゃんとしたところまでだと何回なの」「そういうこと込みの付き合いだったの」……。性交渉をほのめかすような問いかけが続いた。「この後予定はあるの」「また会ったら飲もうね」と誘いも受けた。

 「最初は場を和ませるための話の糸口かと思った」と女性は振り返る。だが、質問を重ねられるたびに嫌悪感…

この記事は有料記事です。

残り2199文字(全文2606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです