メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

必要だった4年半の鍛錬 作家・水原涼(28)

 2011年、近親相姦(そうかん)を描いた衝撃的な小説「甘露」で文学界新人賞を受賞。当時は現役の北海道大学生、21歳。同作で男性最年少の芥川賞候補になり、話題を集めた。現在、28歳になり「あのデビューは自分には早すぎたのかもしれない。今は『再デビュー』の感覚」と目を見開く。『文芸』夏号に中編小説「少年たち」が掲載されるなど、精力的な執筆を続けている。

 鳥取市の出身で、複数の作品で故郷を取り上げてきた。新作の「少年たち」も鳥取東部が舞台。時代設定は十…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1042文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. ボーイング747 ジャンボの愛称で親しまれた大型機
  4. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  5. トランプ氏 派手に見えて堅実? 専用ジェットに見る横顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです