メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
工芸の地平から

漆造形の可能性=外舘和子

 昨年は漆の世界にとって記念すべき年であった。従来、日本最古とされてきた約9000年前の漆製品よりも更に遡(さかのぼ)る1万2600年前の漆材が、国立歴史民俗博物館の展覧会で展示公開されたのである。それは、大陸から渡来したとされてきた日本の漆の植生や文化を巡り、大きな議論を呼ぶものである。

 そのような考古学的な漆の活況の一方、現代の漆の表現もまた20世紀以降、各段の拡(ひろ)がりを見せてきた。僅か100年程の間に、その転機を少なくとも3度見いだすことができる。

 第一に20世紀初頭の本格的な“実材表現”の作家の登場。注文主と漆職人の間に立って助言する仲介者や、…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1202文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです