メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

漆造形の可能性=外舘和子

 昨年は漆の世界にとって記念すべき年であった。従来、日本最古とされてきた約9000年前の漆製品よりも更に遡(さかのぼ)る1万2600年前の漆材が、国立歴史民俗博物館の展覧会で展示公開されたのである。それは、大陸から渡来したとされてきた日本の漆の植生や文化を巡り、大きな議論を呼ぶものである。

 そのような考古学的な漆の活況の一方、現代の漆の表現もまた20世紀以降、各段の拡(ひろ)がりを見せてきた。僅か100年程の間に、その転機を少なくとも3度見いだすことができる。

 第一に20世紀初頭の本格的な“実材表現”の作家の登場。注文主と漆職人の間に立って助言する仲介者や、…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1202文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです