メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

漆造形の可能性=外舘和子

 昨年は漆の世界にとって記念すべき年であった。従来、日本最古とされてきた約9000年前の漆製品よりも更に遡(さかのぼ)る1万2600年前の漆材が、国立歴史民俗博物館の展覧会で展示公開されたのである。それは、大陸から渡来したとされてきた日本の漆の植生や文化を巡り、大きな議論を呼ぶものである。

 そのような考古学的な漆の活況の一方、現代の漆の表現もまた20世紀以降、各段の拡(ひろ)がりを見せてきた。僅か100年程の間に、その転機を少なくとも3度見いだすことができる。

 第一に20世紀初頭の本格的な“実材表現”の作家の登場。注文主と漆職人の間に立って助言する仲介者や、…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1202文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです