メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇場版 仮面ライダービルド

北九州で大通り封鎖の大規模ロケ 犬飼&赤楚の劇中衣装も初披露

仮面ライダービルドと集まったエキストラ (C)劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)2018テレビ朝日・東映AG・東映

 8月4日公開の映画「劇場版 仮面ライダービルド」の大規模ロケが12日、福岡県北九州市で行われた。今回のロケは、同市と北九州フィルムコミッションの全面協力のもと実現。午前7時~午後4時半まで9時間半の間、北九州市役所前の市道約300メートルを完全封鎖し、一般公募により選ばれたエキストラ約3000人を動員した「仮面ライダー」シリーズ史上最大級の規模で実施された。

 この日は、仮面ライダービルド/桐生戦兎役の犬飼貴丈さんと、仮面ライダークローズ/万丈龍我役の赤楚衛二さんも撮影に参加し、劇場版の2人の劇中衣装も初披露された。爽やかな夏らしい服装の犬飼さんに対し、赤楚さんは黒シャツに黒パンツ、黒いロングコートという全身黒ずくめの服装だった。

 「仮面ライダービルド」は、平成ライダーシリーズ19作目。タイトルは「創る」や「形成する」といった意味を持つ「Build(ビルド)」から取られ、天才物理学者の青年が、戦いの場においてまるで「実験」するかのように二つの成分を組み合わせて、あらゆる姿に変身し、「スマッシュ」と呼ばれる未確認生命体を駆逐する。

 劇場版は、仮面ライダービルドにとって初の単独映画作。東都、西都、北都の三つの首都で繰り広げられた戦争が集結し、パンドラタワーに新政府が樹立。東都、西都、北都には、これまでの首相に代わってそれぞれ知事が置かれ、平和のための新体制が確立されたはずだったが、再び大きな脅威が、桐生戦兎(仮面ライダービルド)の前に立ちはだかる……というストーリー。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」と2本立てで公開される。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです