メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事故

子どもがマグネットボール誤飲 腸壁壊死の事例も

マグネットボールは磁力が強く、指を挟んでもくっつく=岡礼子撮影

 冷蔵庫に張るマグネットなどの磁石を、子どもが誤ってのみ込む事故が相次いでいる。指を挟んでもくっつくほど強い磁力を持つ玩具「マグネットボール」の誤飲も起きた。国民生活センターは楽天など大手インターネット通販業者3社に対し、マグネットボールを子ども向けに売らないよう出品者への指導を要請した。

 センターによると、今年1月、1歳9カ月の女の子が嘔吐(おうと)を繰り返し、レントゲン検査で腸に異物が見つかった。手術の結果、直径3ミリのマグネットボール計37個が体内から発見された。命は助かったが、小腸内の3カ所…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです