メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

はしか感染 病院、保育園職員に2回の予防接種

 沖縄県を中心にはしかの感染が広がっている問題を受けて、厚生労働省は11日、重症化しやすい妊婦や0歳児の感染を防ぐため、接触することの多い病院や保育園の職員に2回の予防接種を徹底する方針を決めた。近く自治体に通知するほか、本年度中にはしかの予防指針を改正する。

 はしかワクチンは、1歳と小学校入学前の計2回が定期接種の対象で、公費助成となる。国は接種率95%以上を目標とするが、特に2回目の接種率が低く、2016年度の集計では37都道府県で達成されなかった。

 沖縄県の2回目接種率は89・8%と全国最下位で、11日開かれた専門家会議では、感染拡大の原因になっ…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文711文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]