メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物写真

松山の写真家 米有力誌コンテストで優秀作

「カラフル・トラベル・フォト・フロム・アラウンド・ザ・ワールド」に選ばれた小豆島のニホンザル=野見山桂さん撮影

 真冬の小豆島(香川)で団子のように身を寄せ合うニホンザル、屋久島(鹿児島)の海で妖しく光るシャコガイとハゼ--。松山市のアマチュア写真家、野見山桂(けい)さん(38)の作品が今月、米有力誌「ナショナル・ジオグラフィック」がウェブサイト上で運営する二つの写真コンテストで優秀作に選ばれた。野見山さんは環境汚染を追究する愛媛大准教授。「生命の物語を感じたい」と撮影を続けている。【松倉展人】

 ニホンザルの写真は色彩あふれる世界の旅をテーマにした同誌の「カラフル・トラベル・フォト・フロム・ア…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文840文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです