メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀

金融庁、行政処分へ 融資審査「改ざん把握」

スルガ銀行の本店=静岡県沼津市で2018年3月15日撮影

 シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社が破綻した問題で、スルガ銀行の複数の行員が審査書類の改ざんを知りながら融資していたことが判明し、金融庁による行政処分は避けられない見通しとなった。迅速な審査で融資を拡大するビジネスモデルが不正の温床になった可能性があり、経営陣の責任問題にも発展しそうだ。

 「行員は不正に関与しておらず、むしろ販売側にだまされた被害者だ」。スルガ銀はこれまでこう強弁し、自らの責任を認めてこなかった。しかし行員を対象にした聞き取り調査の結果、それを覆さざるを得ない情勢だ。

 スルガ銀行員の関与はこれまでも疑惑が持たれていた。同行から多額の融資を受けてシェアハウスを購入し、…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです