メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小型プロペラ機

千葉エアレース開催危機? 特例で許可へ

 今月下旬に千葉で予定されている小型プロペラ機による「レッドブル・エアレース」の開催が一時危ぶまれていた。滑走路脇に高層ホテルがオープンし、航空法上の規制に引っかかったからだ。主催者側は安全対策としてホテルを無人にする方針を示しており、国土交通省は、特例として開催を認める見通しだ。

 国内開催4回目となるエアレースは26、27日に千葉市美浜区の海上で実施される予定だ。曲芸飛行の技術を駆使し、コースに設けられた高さ25メートルのパイロンの間をすり抜けながらタイムを競う。最高時速は370キロに達することから「空のF…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に
  5. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]