メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小型プロペラ機

千葉エアレース開催危機? 特例で許可へ

 今月下旬に千葉で予定されている小型プロペラ機による「レッドブル・エアレース」の開催が一時危ぶまれていた。滑走路脇に高層ホテルがオープンし、航空法上の規制に引っかかったからだ。主催者側は安全対策としてホテルを無人にする方針を示しており、国土交通省は、特例として開催を認める見通しだ。

 国内開催4回目となるエアレースは26、27日に千葉市美浜区の海上で実施される予定だ。曲芸飛行の技術を駆使し、コースに設けられた高さ25メートルのパイロンの間をすり抜けながらタイムを競う。最高時速は370キロに達することから「空のF…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです